« 絵手紙作品展を終えて | トップページ | 四季の里 »

土湯温泉

出発時には小雨が降っていました。 

なぁ~に 「晴れ女」だから・・・ 天に向って 「ネ、そうでしょ!」と半ば強制するように祈ってハンドルを握りました。 小1時間走ったら、雲が切れて青空が顔を出してきました。 ホラね~やっぱり晴れ女でしょ! (*^。^*) 

順調にドライブして、友と待ち合わせの駅に着き、和食処で昼食を頂き、久々のウインナーコーヒーを飲みながらおしゃべりの開始です。 

温泉に向うと雨脚は激しくなってワイパーフル稼働。ホテルに着いたその時は、雨が下から降ってくるような状態で、晴れ女はすっかり消え失せてしまっていました。

高台にある宿の部屋の窓は大きく開いて、山々に囲まれた土湯温泉の全形が見えました。 雨の温泉街はしっとりと落ち着いていました。0808300005

早速温泉を楽しみました。Imgp0007 Imgp0009

夕食は部屋食でした。0808310015

始めていただいた特別追加の【雉鳥のささみの刺身】0808300011

こちらも始めての【キジ酒】0808300006

友がイチオシの【奥の松】 フレンチのような芳香が素晴らしい。0808300010 

大浴場の外には露天風呂もあり、どちらもゆっくり味わえました。0808310017 0808310018

ロビーの一角には眼下に土湯温泉街を見ながら楽しめる足湯があり、ここもいい感じでした。Imgp0027

天井まで成長した【土湯コケシ】Imgp0029 Imgp0028

そしてもう一つ嬉しかったのは、会津が生んだ斉藤清氏の大好きな版画の数々でした。

温泉・美術品・食事、幸せに浸りました(^_-)-☆

|

« 絵手紙作品展を終えて | トップページ | 四季の里 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土湯温泉:

« 絵手紙作品展を終えて | トップページ | 四季の里 »